全国大陶器市 in Gメッセ群馬【屋外展示場】

2/20~2/28の期間限定開催です。

展示スペースは屋外ですが設営テント内は通路が狭く、密になる可能性は大です。

感染防止対策は万全でないと危険です。


f:id:moto-08030220:20210220213948j:image

f:id:moto-08030220:20210220213625j:image
f:id:moto-08030220:20210220213834j:image
f:id:moto-08030220:20210220213855j:image
f:id:moto-08030220:20210220213921j:image
開催の度に、お好みの陶器が見つかりますように。
と念じながら来場しますが、なかなか気を引く物は見つかりません。

今回購入したのは猫柄の小皿4種を各2枚ずつの計8枚。直径10cm¥200/枚


f:id:moto-08030220:20210220215259j:image

 

 

 

高崎だるま市 2021.1.2


f:id:moto-08030220:20210102205743j:image

日本国内で新年最初のだるま市が1/1・1/2の二日間(両日とも午前10時~午後4時)高崎駅西口駅前通りで開催されました。

高崎ワシントンホテルプラザ前~あら町交差点まで交通規制で車両は入れません。

 

自宅から自転車で30分かけて行きました。

会場入口では新型コロナ対策として検温カメラでの体温チェック、消毒液が噴霧されている消毒ゲートの通過、アルコールディスペンサーによる手指消毒が行われていました。

 

あら町交差点側から入場するとイベントスペースがあり、さらに進んでいくと右側にだるま販売テント、左側に開運たかさき食堂のテントが並んでいました。

 

高さ2.8mの特大高崎だるまの前には記念撮影する人たちが順番待ちしていました。
f:id:moto-08030220:20210102195024j:image
f:id:moto-08030220:20210102204838j:image
f:id:moto-08030220:20210102204903j:image

赤色だるまと金色だるまには願い事を書き込めるようになっており、だるま全体が文字で埋め尽くされていました。

f:id:moto-08030220:20210102205516j:image
f:id:moto-08030220:20210102205548j:image

私は金色の小さなだるまを買いました。
f:id:moto-08030220:20210102205715j:image

1日でも早くコロナが終息しますように。

赤城山の紅葉2020/9/16

赤城山の木々が色付いてきたようなので見に行って参りました。

10:00頃の高崎市内は気温15℃でしたが、11:00の赤城山は10℃。

風も無く秋晴れでしたが、さすがに半袖では寒いです。

小沼湖畔は見頃に入るところと言ったところでしょうか?
f:id:moto-08030220:20201018193434j:image
f:id:moto-08030220:20201018193457j:image
f:id:moto-08030220:20201018193515j:image
f:id:moto-08030220:20201018193538j:image
f:id:moto-08030220:20201018193559j:image
f:id:moto-08030220:20201018193614j:image
f:id:moto-08030220:20201018193645j:image

鳥居峠から見下ろした覚満淵(かくまんぶち)
f:id:moto-08030220:20201018193705j:image
f:id:moto-08030220:20201018193719j:image
f:id:moto-08030220:20201018193740j:image

覚満淵の木道から
f:id:moto-08030220:20201018193831j:image
f:id:moto-08030220:20201018193856j:image
f:id:moto-08030220:20201018193856j:image
f:id:moto-08030220:20201018193924j:image

大沼湖畔はまだ見頃ではありませんでした。
f:id:moto-08030220:20201018193949j:image
まだしばらくは紅葉🍁楽しめそうです。













 

高崎駅01番線酒場


f:id:moto-08030220:20201016180003j:image
今日・明日の2日間16:00~19:30限定のイベント。

場所はJR東日本高崎駅西口の旧1番線の一部で開催。

駅構内を通過する列車を見ながらの立ち飲みスペース。

高崎市内のブルワリー「シンキチ醸造所」から三種類のクラフトビール

食肉加工、飲食店経営の「オルビス」から高崎ホルモンが提供される。
f:id:moto-08030220:20201016175913j:image
f:id:moto-08030220:20201016175931j:image

クラフトビールのメニュー
f:id:moto-08030220:20201016182639j:image

高崎ブロンド
f:id:moto-08030220:20201016180204j:image

ベーシック

f:id:moto-08030220:20201016180253j:image

若松町
f:id:moto-08030220:20201016180333j:image

高崎ホルモンのメニューと大トロ塩ホルモン
f:id:moto-08030220:20201016180816j:image

f:id:moto-08030220:20201016182831j:image

ビール3坏とホルモンを頂きました。

ごちそうさまでした❗

 

高崎市内循環バス「ぐるりん」の達人を目指して。


f:id:moto-08030220:20200929233754j:image

高崎市内循環バスの「ぐるりん」にハマってます。

仕事が休みの日には早朝からバスに乗りまくりです。

「ぐるりん」の全路線、上り・下り全て制覇します。

 

乗車の際、全ての路線で車窓からの景色を動画撮影し、

バスが停車する全停留所をテロップで表示して、

YouTubeでアップロードしています。

 

基本的には大人200円で高崎市内のいろいろなところへ行けます。

時速40キロで走行したと想定して各路線の運行時間は約1時間ですから200円のコスパは破格です。

 

群馬県はマイカ保有率がほぼ日本一ですが、

たまにはバス移動も楽しいものです。

 

乗り方は簡単です。

各停留所の時刻表をあらかじめ調べてバスの到着時間よりも少し早めに待機。時刻表の時間よりも早く来ることはありません。時刻表の時間より若干遅れて到着します。渋滞で大幅に遅れる場合もあります。

 

後ろ乗り、前降りです。

バスが停留所で停車し、車両後部の扉が開きます。

群馬県内のバスカードがある方は後部入口にあるカードリーダーにカードを挿入してから着席します。

降りる時に運転席横のカードリーダーにカードを挿入します。

 

 

現金払いの方は後部入口から乗車し、お好きな座席に着席します。(健常者はできるだけ優先席を避けましょう)

乗車前に小銭の用意をオススメします。

小銭が無い場合は、信号待ち等でバスが停車している間に両替機で両替しておきましょう。

停留所によっては降りる人が集中します。乗り換え等で時間に余裕が無い人もいるので周囲への気遣いが必要です。

降りたい停留所の一つ手前の停留所を通過後に降車ボタンを押します。

降りたい停留所でバスが停車してから席を立ち、精算機に料金を投入して前部降り口から降車します。

 


f:id:moto-08030220:20200930010711j:image

ぐるりんを520円で1日乗り放題のフリー乗車券があります。

フリー乗車券は高崎駅の案内所、ぐるりんバス内でも入手できます。

 

YouTubeアップロード動画一覧(系統番号順)

 

●系統番号「0」 高崎市都心循環線

https://youtu.be/vicY6498qeM

●系統番号「1」 少林山線(1) 乗附・少林山コース【下り】

https://youtu.be/1M9TrpqfsOw

○少林山線(1)+α 乗附・少林山コース【下り】(花畑経由便)

https://youtu.be/-Bp2VJphbD8

○少林山線(2) 豊岡・群馬八幡コース【上り】

https://youtu.be/yXi6qF-DQ6A

●系統番号「3」 高経大線(1) 経大・金井淵コース【下り】

https://youtu.be/3W-LTjVhyVo

 

※順次動画リンクを貼っていきます。

 

 

 

岡文吾商店(飲食店)

高崎市上小塙に新しく飲食店がオープンした。

店の屋号は「岡文吾商店」
f:id:moto-08030220:20200924153605j:image

店のネーミングではどの業態なのか予想もつかないが、飲食店である。

 

もともとは「小塙町カフェ」というバイキング形式の飲食店だった場所に新装してオープンしたようだ。

 

店内はガラス窓が多いので明るく解放感があります。

客席もゆったりくつろげる感じです。

 

メインのメニューは洋食イタリアン系。

パスタ、ピッツァ、グラタン、ハンバーグなど。

ランチメニューは¥780〜¥980でスープ、サラダ、デザート付き。

f:id:moto-08030220:20200924160331j:image

今回は、好きなピザが選べるピザランチ¥780でシーフードピッツァを注文してみた。

f:id:moto-08030220:20200924160643j:image
f:id:moto-08030220:20200924160707j:image
想像以上のビッグサイズだった。

トマトベースのソースに、具はムキエビ、イカ、アサリ、チーズもたっぷり乗っていて食べ応え十分。

外はカリッ、サクッと中はモチッと美味しい。

f:id:moto-08030220:20200924161422j:image
f:id:moto-08030220:20200924161450j:image
f:id:moto-08030220:20200924161508j:image


 

赤城山の御神水


f:id:moto-08030220:20200903043923j:image

赤城山の山頂、鳥居峠の駐車場に、廃線となったケーブルカーの山頂駅舎があります。

f:id:moto-08030220:20200903045858j:image

現在では観光客が休憩できる飲食店に再利用されており、その建物の裏側の急斜面を300mほど下りると御神水はあります。f:id:moto-08030220:20200903050425j:imagef:id:moto-08030220:20200903050557j:image

駅舎の裏側は運行していた当時のままの佇まい、まるで廃墟のようです。

f:id:moto-08030220:20200903050035j:image

石段を下ります。
f:id:moto-08030220:20200903050942j:image
急斜面の石段は老朽化によりところどころ壊れています。f:id:moto-08030220:20200903051601j:image

この辺りはまだ石段がまともな状態です。

f:id:moto-08030220:20200903051632j:image

かなり怪しくなってきました。
f:id:moto-08030220:20200903051719j:image

この辺りは石段が右に傾いています。
f:id:moto-08030220:20200903051750j:image

ここまで来ればあと一息。
f:id:moto-08030220:20200903051817j:image

足場は危険です。

f:id:moto-08030220:20200903052332j:image
f:id:moto-08030220:20200903052401j:image
f:id:moto-08030220:20200903052444j:image
f:id:moto-08030220:20200903052511j:image
f:id:moto-08030220:20200903052542j:image
神水をボトルに入れ、戻ります。
f:id:moto-08030220:20200903052710j:image
登りは想像以上にキツイです。
f:id:moto-08030220:20200903052754j:image

途中で休まずに登り切れる人はほとんどいないでしょう。
f:id:moto-08030220:20200903052835j:image

私は5~6回休みながら、やっと頂上に着きました。
f:id:moto-08030220:20200903052916j:image
家に持ち帰った御神水は、麦茶を沸かすのに少し使い、残りは玄関先に撒きました。

 

YouTubeに「赤城山」の動画をアップロードしました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://youtu.be/vn15BTb89RQ